狩留家駅

192駅目は芸備線から狩留家駅です。

【駅データ】
狩留家(かるが)駅
訪問日:2017年8月15日
所属路線:芸備線
隣駅:白木山駅(三次方面)、上深川駅(広島方面)
駅構造:地上駅、ホームは島式1面2線

広島県広島市安佐北区狩留家町にあるJR西日本の駅。
駅は地上駅で島式1面2線のホームを持ち、広島方面の折り返しの列車が設定されている。線路西側に駅舎が建ち、駅舎とホームは構内踏切で行き来する構造となっている。駅舎は木造で出入口の間口が広く、庇が特徴的となっている。かつては有人駅だったようで駅事務所跡が残っている。

駅前は集落内を通過する街道に沿って民家が建ち並び、近くを太田川の支流の三篠川が流れる。駅周辺は開けているが、その周りは山地となっており、駅裏側は緩やかに傾斜していて県道37号線が通過している。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道旅行ランキング

香淀駅

170駅目は香淀駅です。

【駅データ】
香淀(こうよど)駅
訪問日:2017年8月14日
所属路線:三江線
隣駅:作木口駅(江津方面)、式敷駅(三次方面)
駅構造:地上駅、ホームは1面1線

広島県三次市作木町門田字下組にあるJR西日本の駅。
1面1線のホームを持つ地上駅で、待合室とお手洗いが設置された駅舎が線路南側に建つ。江津寄りの隣駅にあたる作木口駅の住所は島根県となる。

駅前は山が迫り、線路に並行する道路に沿って民家が点在している。駅裏にあたる北側は江の川が流れており、駅の西側に対岸に渡る橋(香淀大橋)がかかる。駅の東側近くを国道375号線が通り、三江線が江の川に沿って山を回るように敷設されているのに対して、国道はトンネルでほぼ一直線に式敷駅方面に抜けており、訪問時も式敷駅からこのトンネルを歩いて香淀駅に向かった。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道旅行ランキング

式敷駅

169駅目は式敷駅です。

【駅データ】
式敷(しきじき)駅
訪問日:2017年8月14日
所属路線:三江線
隣駅:香淀駅(江津方面)、信木駅(三次方面)
駅構造:地上駅、ホームは島式1面2線

広島県安芸高田市高宮町佐々部七谷にあるJR西日本の駅。
島式1面2線のホームを持つ地上駅で、小さな駅舎が線路の南側に建つ。駅舎の見た目は古くなく、比較的最近建てられたものと思われる。駅舎内は待合室と水洗のお手洗いがあり、地元の方が清掃されているのか、非常に綺麗に保たれていた。駅舎から列車へは信木駅寄りの構内踏切を渡って乗車する。開業は1955年3月31日で、三次駅からの三江南線の最初の開業区間の終着駅だった。

駅前は山地が迫り、駅前には民家が点在する。ガソリンスタンドや個人商店が建つが、今でも営業しているか定かではなかった。駅の東側(信木駅寄り)を国道433号線が南北に走っており、江の川を渡る橋がかかっている。国道沿いの谷沿いにも民家が点在しているほか、対岸にも集落がある。なお駅側は安芸高田市だが対岸は三次市となる。

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村


鉄道旅行ランキング

西三次駅

168駅目は西三次駅です。

【駅データ】
西三次(にしみよし)駅
訪問日:2016年10月16日
所属路線:芸備線
隣駅:三次駅(塩町方面)、志和地駅(広島方面)
駅構造:地上駅、ホームは島式1面2線

広島県三次市十日市西にあるJR西日本の駅。
地上駅で島式1面2線のホームを持ち、古い駅舎が東側に建つ。駅は無人駅で、駅舎内の駅事務所跡は地域の集会所として使われていた。芸備線の前身の芸備鉄道時代には「三次駅」という駅名で終点だったこともあるためか、今の駅の利用規模には合わない幅の広いホームがあり、中央には植木が植えられている。

駅前は住宅が建ち並ぶ。駅の裏側にあたる東側は近くを江の川が流れ、倉庫が建つ。かつては貨物列車の発着があり、複数の側線が並んでいたもよう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

三次駅2

再訪問時の三次駅です。
前回2010年9月9日訪問時の記事はこちら

【駅データ】
三次(みよし)駅
訪問日:2016年10月15日
所属路線:芸備線、三江線、(福塩線乗り入れ)
隣駅:「芸備線」西三次駅(広島方面)、八次駅(塩町方面)、「三江線」尾関山駅
駅構造:地上駅、ホームは2面3線
駅スタンプ:あり

広島県三次市十日市南にあるJR西日本の駅。
駅は地上駅で2面3線のホームを持つ。駅舎は街の中心地に面した北側に建ち、駅舎内には三次鉄道部やキヨスク(セブンイレブン)が入る。駅の南側には側線が並び、運行を控えた気動車が複数台停まるほか、駅の東側(八次駅寄り)にも留置線が並ぶ。かつては東側に転車台や扇型の車庫があったが、現在は更地になっている。

前回下車した2010年以降に駅舎が建て替えられ、駅前広場や三次市交通観光センターなどが整備された。また、改札外に駅南側とを結ぶ自由通路が設けられた。

駅は人口53,989人が住む三次市の中心駅で、周辺は市街地が広がる。駅前を国道が通過し、住宅や飲食店などが建ち並び、徒歩圏に三次市役所などの公共施設が立地する。駅の南側は住宅地が広がっている。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ