妙高高原駅

100駅目は妙高高原駅です。

【駅データ】
妙高高原(みょうこうこうげん)駅
訪問日:2016年3月20日
所属路線:えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン、しなの鉄道 北しなの線
隣駅:黒姫駅(長野方面)、関山駅(直江津方面)
駅構造:地上駅、ホームは2面3線
駅スタンプ:あり

新潟県妙高市にあるえちごトキめき鉄道、しなの鉄道の駅。
新潟最南端の駅で、隣駅の黒姫駅は長野県になる。妙高はねうまラインの列車、北しなの線の列車ともに当駅で折り返している。
駅舎は線路の西側に建つ。かつてはスキー客の団体利用があったからか、駅舎の北側には団体改札口のようなスペースが設けられている。駅の東側はすぐ近くを関川が流れており、山が迫っている。

駅前は広場となっており、タクシーが客待ちをしている。スキー場が周辺にあることからタクシーの屋根にはスキーキャリアが付けられている。
駅前の広場に隣接して土産物店や飲食店、観光案内所が立地しており、駅前から北側に伸びる通りに沿って住宅や商店が並んでいる。駅の南側には妙高温泉が位置し旅館が点在している。駅は山間地にあるため、駅前から西方向に緩やかに登っており、駅前から西に進むと国道18号線、上信越自動車道が通過している。山麓にはゴルフ場やスキー場、旅館街が広がっている。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

関山駅

99駅目は関山駅です。

【駅データ】
関山駅(せきやま)駅
訪問日:2016年3月20日
所属路線:妙高はねうまライン
隣駅:妙高高原駅(長野方面)、二本木駅(直江津方面)
駅構造:地上駅、ホームは島式1面2線
駅スタンプ:あり

新潟県妙高市にあるえちごトキめき鉄道の駅。
駅舎は南北に走る線路の西側に位置しており、ホームに対して一段高い位置に位置している。旧関山駅はスイッチバック駅で現在の駅の北側に位置していた。現在も線路そのものは使用しているためか、架線とともに残っている。また、ホーム跡とホーム上の駅名標も確認できる。
現在の駅舎は2階建てで1階の半分は駅舎サロン、2階部分は駅舎画廊となっており、地元の方が運営されている模様。訪問した時も地元の方が何名か集まって楽しそうに談話していました。

駅周辺は住宅や田園が広がる。地図で確認すると駅周辺の他、西側を通過する街道沿い(旧街道?)に住宅が建ち並んでいる。また、妙高市になる前の妙高村役場が駅の東側に立地していた。

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

二本木駅

98駅目はスイッチバック駅の二本木駅です。

【駅データ】
二本木駅(にほんぎ)駅
訪問日:2016年3月20日
所属路線:妙高はねうまライン
隣駅:関山駅(妙高高原方面)、新井駅(直江津方面)
駅構造:地上駅、ホームは島式1面2線
駅スタンプ:あり

新潟県妙高市にあるえちごトキめき鉄道の駅。
新井駅から長野県との県境にかけて急勾配が続くことからスイッチバック駅となっている。妙高高原方面(南)に向かう列車は、一旦引き上げ線に入り、北向きに折り返してホームに停車、再び折り返して南進し出発していく。
駅舎は線路に対して東側に建ち、さらに東側を本線が通過している。駅舎はホームより低い位置にあるため、ホームと駅舎は地下道で結ばれている。駅舎内にはギャラリーがあり、スイッチバックを模したNゲージが展示されている。

駅は谷にあるため、周辺の平地は少なく、平地には住宅が中心に立ち並んでいる。また、駅の西側(裏側)には日本曹達の工場が立地しており、かつては引込み線があり、貨物列車が発着していた。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ