南彦根駅

109駅目は南彦根駅です。

【駅データ】
南彦根(みなみひこね)駅
訪問日:2016年8月20日
所属路線:東海道本線
隣駅:彦根駅(米原方面)、河瀬駅(草津方面)
駅構造:地上駅(駅舎は橋上駅舎)、ホームは2面2線
駅スタンプ:あり

滋賀県彦根市にあるJR西日本の駅。
駅舎は橋上駅舎で相対式2面2線のホームを持つ。

駅は彦根市の市街地の南側に位置しており、駅周辺は住宅地が広がり、商業施設が点在する。東口と西口の二ヶ所の出入口が設けられている。東口前には滋賀県を中心に総合スーパー等を運営する株式会社平和堂の本社が立地しているほか、平和堂が運営する大型のショッピングモールの「ビバシティ彦根」が建つ。また、近くには国立印刷局の彦根工場が立地している。西口前は戸建ての住宅が立ち並ぶ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

米原駅

108駅目は米原駅です。

【駅データ】
米原(まいばら)駅
訪問日:2016年8月20日
所属路線:東海道新幹線、東海道本線、北陸本線、近江鉄道 本線乗り入れ
隣駅:「東海道新幹線」岐阜羽島駅(名古屋方面)、京都駅(新大阪方面)、「東海道本線」醒ケ井駅(大垣方面)、彦根駅(草津方面)、「北陸本線」坂田駅
駅構造:地上駅(駅舎は橋上駅舎)、ホームは在来線は3面6線、新幹線は2面3線
駅スタンプ:あり

滋賀県米原市にあるJR西日本、JR東海の駅。また東側には近江鉄道の米原駅が位置している。
西側に東海道新幹線の2面3面ホーム、西側に在来線の3面6線のホームが位置している。最も西側には近江鉄道の駅が位置しており、1面2線のホームを持つ。駅舎は橋上駅で東西間の自由通路が設けられている。

人口39,792人(平成28年8月1日現在)の米原市の中心的な駅となっているほか、北陸方面(主に福井県)から首都圏に向かう際の東海道新幹線への乗り換え駅となっている。西口と東口の2つの出入口が設けられており、駅周辺は市街地が広がっている。西口前は駅前に環状交差点が設けられており、駅前にはビジネスホテルや滋賀県ではおなじみのスーパーの平和堂などが立地している。東口前は国道8号線が通過し、周辺は住宅が立ち並ぶ。東口前はかつては複数の線路が並んでいたが、現在は跡地が整備されて空き地が広がっている。東口の南側には鉄道総合技術研究所の風洞技術センターが立地しており、かつての高速試験列車が展示されている。

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

越中宮崎駅

107駅目は越中宮崎駅です。

【駅データ】
越中宮崎(えっちゅうみやざき)駅
訪問日:2016年8月16日
所属路線:あいの風とやま鉄道線
隣駅:泊駅(魚津方面)、市振駅(糸魚川方面)
駅構造:地上駅、ホームは島式1面2線
駅スタンプ:なし(隣の泊駅に設置してある)

富山県下新川郡朝日町にあるあいの風とやま鉄道の駅。
無人駅で駅舎は下り線側(糸魚川方面)に建つ。ホームは島式で駅舎とは跨線橋で結ばれている。県境の駅で東隣の市振駅は新潟県となっており、乗り入れる列車はほとんどがえちごトキめき鉄道から直通の列車となっている。

駅前はすぐに海で海岸が広がっている。「ヒスイ海岸」と呼ばれており、打ち上げられたヒスイを拾うことが出来ることで知られている。駅周辺には民宿が点在しているほか、オートキャンプ場が立地している。駅の西方向には宮崎漁港があり、漁港周辺に集落が形成されている。東方向へ1.5kmほど進むとかつて関所のあった県境の集落である境地区が位置している。駅裏側は国道8号線が通過しており、山地がせまっている。駅周辺の民宿や国道沿いには郷土料理である「たら汁(ぶつ切りのたらを煮た味噌汁)」を出す店が点在している。

たら汁は何回か食べたことがありますが、甘いダシが出ていて美味しいです。機会があればぜひ!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

泊駅

106駅目は泊駅です。

【駅データ】
泊(とまり)駅
訪問日:2016年8月16日
所属路線:あいの風とやま鉄道線
隣駅:入善駅(魚津方面)、越中宮崎駅(糸魚川方面)
駅構造:地上駅、ホームは2面3線
駅スタンプ:あり(越中宮崎駅のスタンプも置いてある)

富山県下新川郡朝日町にあるあいの風とやま鉄道の駅。
有人駅で駅舎は下り線(糸魚川方面)に面して建つ。当駅で運転系統が分かれており、富山方面からの列車、糸魚川方面からの列車のほとんどが折り返す。糸魚川方面からはえちごトキめき鉄道の車両が乗り入れている。2面3線のホームを持ち、2番線に双方の列車が縦列に停車し、同一ホームで乗り換えが出来るようになっている。

人口12,600人(平成28年8月1日現在)の朝日町の中心駅。県境の町で東隣は新潟県糸魚川市。駅周辺は平地が広がるが、糸魚川方面に進むと海岸線ギリギリまで山地が迫るようになり、県境の境川を超えると険しい地形で知られる親不知が位置する。
駅前周辺は住宅地となっているほか、駅を出た左手にはショッピングセンターが立地している。中心街は駅を出た右手の方向(北東方向)に広がっている。駅裏側には日東紡の工場が立地している。

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

滑川駅

105駅目は滑川駅です。

【駅データ】
滑川(なめりかわ)駅
訪問日:2016年8月16日
所属路線:あいの風とやま鉄道線
隣駅:水橋駅(富山方面)、西滑川駅(魚津方面)
駅構造:地上駅、ホームは2面3線
駅スタンプ:あり(西滑川駅の駅スタンプも置いてある)

富山県滑川市にあるあいの風とやま鉄道の駅。
駅は有人駅で、駅舎は下り線(魚津方面)に面して建っており、正面は北側(海側)を向いている。地上駅で2面3線のホームを持つが、2番線から発着する列車は僅かなよう。駅南側に隣接して富山地方鉄道の滑川駅が位置している。駅の出入口は北側にしかなく、駅南側とは駅舎横の地下道で結ばれている。

滑川市の人口は33,465人(平成28年8月1日現在)で、駅の西側の海沿いに市街地が広がっている。駅周辺は住宅地が広がり、病院やショッピングセンターなどが立地している。駅から海岸線までは直線で600mほどで、駅前の通りをまっすぐ進むと海辺に出る。海辺にはほたるいかミュージアムや滑川漁港が位置しており、春には観光船でホタルイカの網上げを見学することもできる。

駅南側は地鉄の駅への出入口が設けられており、駅前には広場も設けられている。駅前周辺は住宅が立ち並ぶほか、田園が点在している。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ