戸倉駅

141駅目は戸倉駅です。

【駅データ】
戸倉(とぐら)駅
訪問日:2016年10月9日
所属路線:しなの鉄道線
隣駅:坂城駅(軽井沢方面)、千曲駅(篠ノ井方面)
駅構造:地上駅、ホームは2面3線
駅スタンプ:あり

長野県千曲市にあるしなの鉄道の駅。
駅は地上駅で2面3線のホームを持ち、駅舎は線路西側に建つ。有人駅で駅舎内にはそば屋と喫茶店が出店している。駅舎の北側には隣接して運輸区の建物や整備用の建屋が立っているほか、東側には車両基地があり、車両が留め置かれている。

駅周辺は市街地で住宅が立ち並ぶ。千曲川の対岸、道のりで約2kmほど離れた場所に戸倉上山田温泉の温泉街が広がっており、駅前には案内看板が建つ。駅がある右岸側にも川縁に何軒かの入浴施設や宿泊施設が点在しているよう。

訪問時には旅行カバンを持った利用客を何名か見かけたので、温泉への玄関口として機能しているようです。また、観光客向けか駅そば屋では生ビールや惣菜等も販売されていました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

坂城駅

140駅目は坂城駅です。

【駅データ】
坂城(さかき)駅
訪問日:2016年10月9日
所属路線:しなの鉄道線
隣駅:テクノさかき駅(軽井沢方面)、戸倉駅(篠ノ井方面)
駅構造:地上駅、ホームは1面2線
駅スタンプ:あり

長野県埴科(はにしな)郡坂城町にあるしなの鉄道の駅。
駅は地上駅で島式1面2線のホームを持ち、線路北側に木造で黒壁の駅舎が建つ。有人駅となっている。駅の南側に新日本石油の北信油槽所が立地しており、貨物列車が発着する駅となっている。

駅は人口15,305(2016年10月1日時点)の坂城町の中心駅で、駅周辺に市街地が広がる。
駅舎の建つ北側には住宅を中心に市街地が広がる。北側に山地が迫っており、駅前周辺は緩やかに傾斜している。駅を出て右手のテクノさかき駅寄りには169系が屋外に静態保存されているほか、駅舎内には169系の車輪と車軸が展示されていた。

駅裏にあたる南側には隣接して新日本石油の北信油槽所が立地しており、線路が並び、積み降ろし用の設備がある。また、近くを千曲川が流れているほか、坂城町役場が近くに立地している。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

テクノさかき駅

139駅目はテクノさかき駅です。

【駅データ】
テクノさかき(てくのさかき)駅
訪問日:2016年10月9日
所属路線:しなの鉄道線
隣駅:西上田駅(軽井沢方面)、坂城駅(篠ノ井方面)
駅構造:地上駅、ホームは2面2線
駅スタンプ:あり

長野県埴科(はにしな)郡坂城町にあるしなの鉄道の駅。
駅は有人駅で、駅舎は線路西側に建ち、相対式2面2線のホームを持つ。駅はしなの鉄道移管後の1999年に開業している。

駅周辺は工場団地が広がっており、駅舎が経つ西側は複数の工場が立地し、その周りは田畑が広がっている。また、近くを千曲川が流れている。駅裏にあたる東側は住宅地や田畑が広がっている。

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

西上田駅

138駅目は西上田駅です。

【駅データ】
西上田(にしうえだ)駅
訪問日:2016年10月9日
所属路線;しなの鉄道線
隣駅:上田駅(軽井沢方面)、テクノさかき駅(篠ノ井方面)
駅構造:地上駅、ホームは2面3線
駅スタンプ:あり

長野県上田市にあるしなの鉄道の駅。
駅は有人駅で、駅舎は線路北側に建つ。駅裏にあたる南側とは改札外の自由通路で行き来できるようになっている。ホームは2面3線で南側には何本かの側線が並んでいる。

駅前周辺は住宅が並び、国道18号線が通過しており、駅の北側は山地が迫っている。
駅の南側は田畑が広がり、住宅等が点在しているほか、上田西高等学校が立地している。近くを千曲川が流れており、対岸には「岩鼻」という景勝地となっている崖があり、駅からも遠目に見ることができる。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

上田駅

137駅目は上田駅です。

【駅データ】
上田(うえだ)駅
訪問日:2016年10月9日
所属路線:北陸新幹線、しなの鉄道線、(上田電鉄別所線接続)
隣駅:「北陸新幹線」佐久平駅(東京方面)、長野駅(金沢方面)、「しなの鉄道線」信濃国分寺駅(軽井沢方面)、西上田駅(篠ノ井方面)
駅構造:新幹線は高架駅でホームは2面2線、在来線は地上駅でホームは2面3線
駅スタンプ:「しなの鉄道線」あり、JRも設置されている模様

長野県上田市にあるJR東日本、しなの鉄道の駅。
北側に高架駅で新幹線が、南側に地上駅でしなの鉄道線が乗り入れる。駅南側の西寄りには上田電鉄別所線の上田駅が高架駅(ホームは1面1線)で乗り入れている。駅の出入口は北側のお城口と南側の温泉口との2ヶ所が設けられており、2つの出入口の間は自由通路で結ばれている。しなの鉄道の駅は自由通路に面した橋上駅舎となっている。

駅は人口159,325人(平成28年10月1日時点)を擁する上田市の中心駅で、駅周辺は市街地が広がっている。
お城口は市街地の中心部に面しており、駅前周辺はホテルやマンション、雑居ビルが目立つ。お城口の名前のとおり、駅の南西の位置に上田城跡が位置しており、駅前広場には真田幸村の騎馬像が建つ。

温泉口は駅前広場に隣接してホテルが立地し、住宅が建ち並ぶほか、西側にはショッピングセンターの「アリオ上田」が立地している。また、近くを千曲川が流れている。温泉口の名前の由来となっている別所温泉は上田電鉄別所線で約30分の別所温泉駅(終点)近くに広がっている。

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ