石見川本駅2

再訪問時の三江線石見川本駅です。
前回訪問時(2010年9月9日)はこちら

【駅データ】
石見川本(いわみかわもと)駅
訪問日:2016年10月15日
所属路線:三江線
隣駅:因原駅(江津方面)、木路原駅(三次方面)
駅構造:地上駅、ホームは2面2線
駅スタンプ:あり

島根県邑智郡川本町大字川本にあるJR西日本の駅。
地上駅で相対式2面2線のホームを持ち、東側の1番のりば(江津方面)に面して駅舎が建つ。有人駅で一部の時間帯で窓口が開く。上り列車は当駅止まりの列車と当駅始発の列車が設定されている。

人口3,432人が住む川本町の中心駅で三江線の途中駅では比較的大きな駅。駅前は住宅や商店が建ち並び、近くには川本町役場が立地している。駅裏にあたる駅西側はすぐ近くを江の川が流れる。

三次駅を9:57に出る列車は石見川本行(12:09着)で同じ車両が13:43発の江津行に切り替わる。乗り通そうとした場合、実質1時間半以上の停車になるため当列車の到着時には駅で地元の方が周辺飲食店などが記載されたチラシを配っていた。

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

木路原駅

163駅目は木路原駅です。

【駅データ】
木路原(きろはら)駅
訪問日:2106年11月12日
所属路線:三江線
隣駅:石見川本駅(江津方面)、竹駅(三次方面)
駅構造:地上駅、ホームは1面1線

島根県邑智郡川本町大字川本にあるJR西日本の駅。
地上駅で1面1線のホームを持つ。無人駅で駅舎はなく、ホーム上に待合所が設置されている。駅の西側に出入口が設けられており、東側は山が迫る。

駅周辺は山と江の川の間の平地に数十軒の民家が建っているほか、対岸にも民家が点在している。川本町の中心地である石見川本駅は江の川沿いに約2km程度離れた位置に立地している。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

石見松原駅

162駅目は石見松原駅です。

【駅データ】
石見松原(いわみまつばら)駅
訪問日:2016年11月13日
所属路線:三江線
隣駅:潮駅(江津方面)、石見都賀駅(三次方面)
駅構造:地上駅、ホームは1面1線

島根県邑智郡美郷町長藤にあるJR西日本の駅。
駅は山裾に建つ地上駅で1面1線のホームを持つ。無人駅でホーム上に待合室があるほか、駅前にトイレが設置されている。

駅前は国道375号線が通過するが、駅周辺は民家が数件建つ程度で閑散としている。西側を江の川が流れており、近くにかかる橋を渡ったところに「都賀行」の集落が広がる。

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

宇都井駅

161駅目は宇都井駅です。

【駅データ】
宇都井(うづい)駅
訪問日:2016年10月16日
所属路線:三江線
隣駅:石見都賀駅(江津方面)、伊賀和志駅(三次方面)
駅構造:高架駅、ホームは1面1線

島根県邑智郡邑南町宇都井にあるJR西日本の駅。
駅は谷筋に設けられており、前後はトンネルがある。地形の関係からホームが地上約20mの位置にある高架駅で、地上とは116段の階段で結ばれている。無人駅で階段を上ったところに待合室が設けらているほか、地上部にはトイレが設置されている。

駅周辺は宇都井の集落が谷に沿って広がり、駅の北側を江の川が流れている。ホームからは眼下に家々を見下ろすことができ、この地域の家は白壁で屋根が朱色の石州瓦であることから、朝の山の緑色の中で映えて綺麗だった。駅の珍しい形状から三江線の中で最も有名な駅と言ってもよいと思われ、訪問時も他に4人の方が下車し、戻りの列車には加えて車で来た親子連れが乗車した。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

伊賀和志駅

160駅目は伊賀和志駅です。

【駅データ】
伊賀和志(いかわし)駅
訪問日:2016年11月13日
所属路線:三江線
隣駅:宇都井駅(江津方面)、口羽駅(三次方面)
駅構造:地上駅、ホームは1面1線

広島県三次市作木町伊賀和志にあるJR西日本の駅。
駅は地上駅で築堤上に1面1線のホームがある。無人駅で駅舎はなく、ホーム上に待合室が設けられている。駅の前後で線路が県境となっている江の川を渡るため、両隣の駅はいずれも住所が島根県となる。

駅裏側は山地が迫るが、駅前は川沿いに平地になっており田畑が広がるほか、民家と小さな団地が建つ。口羽駅寄りに少し進むと伊賀和志の集落があり、道路に沿って民家が建ち並ぶ。集落内から三次市街地に向かう備北交通のバスが月曜〜土曜は3本、日曜は2本(訪問時)運行されている。

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ