敦賀駅

130駅目は敦賀駅です。

【駅データ】
敦賀(つるが)駅
訪問日:2016年8月21日
所属路線:北陸本線、小浜線
隣駅:「北陸本線」新疋田駅(米原方面)、南今庄駅(福井方面)、「小浜線」西敦賀駅
駅構造:地上駅、ホームは3面7線
駅スタンプ:あり

福井県敦賀市鉄輪町にあるJR西日本の駅。
駅は地上駅で島式3面7線のホームを持ち、4番線は切り欠きホームとなっている。駅舎は線路の西側(日本海側)に建ち、「オルパーク」という店舗や待合室、多目的室などが入る交流施設が隣接している。線路より一段低い位置に位置しているため、各ホームへは地下道と跨線橋で繋がっている。駅の東側には側線が複数並び、保線車両などが留め置かれている。かつては駅の東側に敦賀第一機関区があり、扇型の車庫も存在していたが、現在では空き地が広がっている。敦賀港にある敦賀港駅に向かって貨物線(休止中)が伸びているほか、かつては駅東側のJX金属の工場や駅の南西の東洋紡績の工場にも引き込み線が伸びていた。

駅は人口66,914人(平成28年9月30日現在)の敦賀市の中心駅。敦賀市は港町となっており、敦賀港からは苫小牧へのフェリーや国際航路の貨物船が発着している。また、市の北西の端には敦賀発電所や高速増殖炉のもんじゅなどが立地している。

駅前周辺は市街地が広がる。駅前は近年になって再整備され、駅舎や交流施設、駅前広場を囲む屋根は黒色で統一されており一体感のあるデザインとなっている。駅前から西に向かって大通りが伸びており、駅前から400mほどで南北に走る国道8号線と交差する。駅前から交差点を経て、国道8号線の北方向の気比神宮交差点までは両側にアーケードが連なり商店が並ぶ。駅前には複数のビジネスホテルやマンションが建ち、駅前の通りと国道8号線の交差点角には「アル・プラザ敦賀」などの大型商業施設も立地するが、人通りは寂しい印象を受けた。

駅裏に当たる駅の東側は広い構内が広がり、隣接して工場が立地する。山地が迫っており、山裾を国道8号線のバイパスが通過している。北陸新幹線の敦賀駅は駅東側に建設される予定となっている。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道旅行 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です