三江線の駅巡り(2017年夏)その2

『三江線の駅巡り(2017年夏)その1』の続きです。

【2017年8月14日(月)】
昨日は青空も見え、歩いていると太陽が照りつける時もあったが、今日は朝から曇天が広がる。三次駅5:38発の始発列車(422D)でスタートし、まずは潮駅を目指す。発車の10分ほど前に乗り込んだが、座席は全て埋まっており、なかなかの盛況ぶり。

7:31に潮駅で下車する。潮駅は江の川の川べりに位置するが、水面は下流にある浜原ダムのダム湖になっているため静かで、駅前の車通りが途切れると、鳥の鳴き声しか聞こえないような状態になる。近くに温泉旅館(潮温泉大和荘)があり、列車に合わせてチェックアウトしてきたと思われる方もやって来る。7:55に折り返しの列車(423D)で式敷駅へ向かう。

8:48に式敷駅で下車する。式敷駅は1面2線のホームを持つ列車交換が可能な駅。待合室とトイレからなる駅舎が建つが、近所の方が維持されているのか、トイレを含めてとても綺麗にされていた。ここからは徒歩で隣の香淀駅に向かう。線路は山裾を回るが、国道がトンネルで香淀駅方面に抜けているので、トンネルを歩いて約50分ほどで香淀駅に到着する。香淀駅も待合室とお手洗いからなる駅舎が建つ。列車を待つ間にバイクでツーリング中の人が駅の写真を撮りに来る。やはり廃線前ということもあり注目されているようだ。

香淀駅10:40発の列車(424D)で沢谷駅に向かう。この列車は三次駅10:02に出発し、14:54に江津駅に到着するという乗り通しに利用しやすい列車ということもあり、つり革もふさがるほどの乗車率だった。親子連れや帰省中の孫を連れて乗車している人なども目立ち、ホームが地上から日本一高いところにあるとして有名な宇都井駅などでは合わせて10〜20名ぐらいが乗り降りしているように見えた。11:34に沢谷駅で下車する。三江線は基本的に江の川に沿って走るが、沢谷駅は江の川沿いからトンネルで離れた支流の沢谷川沿いに位置している。沢谷川の谷に沿って民家が点在しており、駅から東方向に少し進むと簡易郵便局や個人商店が立地している。

12:50に沢谷駅前のバス停から石見交通粕淵線のバスに粕淵駅前まで乗車し、そこからは線路沿いに隣の明塚駅まで徒歩で移動する。明塚駅は江の川の左岸に位置しており、駅周辺の狭い平地に民家が点在し、田畑が広がるほか、近くには中国電力の明塚発電所が立地している。明塚駅14:29発の列車(425D)で粕淵駅に戻る。粕淵駅前は河岸段丘によるものなのか、崖になっており、その上に街並みが広がっている。中間駅の中では駅周辺の建物が比較的密集しており、美郷町役場も立地している。

粕淵駅からは線路に沿って30分ほど歩き浜原駅に向かう。道中には線路が江の川堤防を突っ切っている箇所があり、増水時に水が流れ出すのを防ぐための可動式の陸閘(りっこう)を見ることができる。浜原の集落は川沿いに細長く伸びており、人家の間を抜けると浜原駅がある。浜原駅は相対式2面2線のホームを有し、折り返しの列車も設定されている。かつての三江北線の終着駅で昭和12年に出来た木造の駅舎が建ち、駅舎の前には三江線全通の記念碑がある。駅に着くと、先ほど明塚駅から粕淵駅まで乗車した列車が折り返しの発車を待っており、他にも数名の旅行客が発車を待っていた。

折り返しの浜原駅17:08発の列車(430D)で石見簗瀬駅に向かう。ここまで曇り空で持ちこたえていたが、雨が降り始める。石見簗瀬駅も江津側から三江線が延伸してくる際に一時終着駅だったこともあり、昭和10年に出来た古い木造の駅が建つ。駅の江津よりに集落が広がっているようだが、雨脚が強くなり、ずっと駅の中で三次方面への列車を待つ。石見簗瀬駅18:12発の列車(431D)に乗り、宿泊先である三次駅に戻る。まだ日は暮れきっていないが、雨のせいで窓の外側が曇ってしまって車窓を眺めることができない。浜原駅で乗り換え(433D)、終着の三次駅へ向かう。

【2017年8月15日(火)】
最終日は朝から雨。始発列車で石見都賀駅に行こうと思っていたが、起きて外を見ると雨脚が強く、眠気にも負けてしまって二度寝する。少し遅めのチェックアウトをして10:02発の列車に乗ろうと三次駅に向かうと、大雨の影響で運転を見合わせていると案内している。昨晩は三次周辺も雨が降っていたが、日本海側はより雨が強かったようで、江津から来る列車が大幅に遅れてしまっているとのこと。

どうしようかと思いながら待っていると、10:02発の列車は石見川本駅より先は未定だが運転するとのアナウンス。もう一駅巡ろうということで乗車し、口羽駅を目指す。雨による被害が出るほどではないのだろうが、車窓から見える江の川は昨日とはうって変わって濁流となっており、流れも速い。11:00に到着した口羽駅は昨日乗車した三次駅からの始発列車の場合、30分近くの長時間停車をするため駅の外に出ることもできるが、降りた列車と同じ列車に乗ることになってしまうので、今回の下車を訪問としてカウントする。口羽駅は昭和38年に三次側から三江南線が延伸したときの終着駅で1面2線のホームを持ち、列車の行き違いが可能な駅となっている。

口羽駅から三次駅まではバスに乗って帰るが、バスまで時間があるので口羽の集落まで歩き、そこから乗ることにする。口羽の集落は支流の出羽川の流れに合わせて湾曲した道路に沿って家が建ち並ぶので、道路を歩くと先が見えないこともあり、実際よりも奥行きがあるように感じた。古そうな建物も残ることから、水運の時代は本流と支流の接点として、このあたりの拠点の集落となっていたのかもしれない。12:03に口羽郵便局前のバス停から備北交通作木線のバスに乗り、三次駅に戻る。

三次駅13:10発の芸備線(1849D)に乗車し、広島駅に向かうことにするが、18:35発の新幹線まで時間があるので、芸備線の狩留家駅で途中下車をすることにする。狩留家駅は広島方面の折り返し列車が発着する駅で、1面2線のホームを持つ。今は無人駅だが、駅事務所の跡が残る木造の古い駅舎が建ち、なかなか雰囲気がある。狩留家駅14:49発(3851D)に乗り、15:33に広島駅に到着する。

あとは帰路につくのみ。新幹線の時間までは、駅周辺や駅ナカをぶらぶらして過ごす。広島駅に初めて来たのは7年前の2010年で、当時に比べると駅周辺に超高層マンションが建ったり、駅が橋上駅舎化されたりと結構大きな変化が見られる。

18:35発の「のぞみ56号」に乗車し、新大阪駅で「サンダーバード45号」、金沢駅で「つるぎ734号」に乗り換え、23:19に新高岡駅に到着する。行きは高岡駅に車を停めて出発したのでシャトルバスに乗り、日付が変わるころに高岡駅に戻って、帰宅。

前回、前々回は金曜夜に出発して土日を過ごすという日程のため、せいぜい数駅しか訪問できませんでしたが、今回はお盆の連休ということでもう1泊することができ、三江線内の14駅を訪問することができました。お盆休みはお別れ乗車で混むことが予想できたので、行くか行かないか迷いましたが、かえっておじいちゃん・おばあちゃんから小さな子供まで多くの人で賑わっているのが感じられて良かったです。

残すは江平駅、石見都賀駅、乙原駅、川戸駅の4駅。ここまで来たら、ぜひ残りの4駅も訪問したいですし、もう一度三次・江津間を乗り通したいところです。

【行程】
(3日目)
5:38発 三次駅
普通422D
7:31着 潮駅
7:55発 潮駅
普通423D
8:43着 香淀駅
徒歩
10:34発 式敷駅
普通424D
11:34着 沢谷駅
12:50発 沢谷駅前
バス 石見交通粕淵線
13:01着 粕淵駅前
徒歩
14:29発 明塚駅
普通425D
14:37着 粕淵駅
徒歩
17:08発 浜原駅
普通430D
17:25着 石見簗瀬駅
18:12発 石見簗瀬駅
普通431D
18:28着 浜原駅
19:01発 浜原駅
普通433D
20:10着 三次駅

(4日目)
10:02発 三次駅
普通434D
11:00着 口羽駅
徒歩
12:03発 口羽局前
バス 備北交通作木線
13:02着 三次駅前
13:10発 三次駅
普通1849D
14:14着 狩留家駅
14:49発 狩留家駅
普通3851D
15:33着 広島駅
18:35発 広島駅
のぞみ56号
20:01着 新大阪駅
20:12発 新大阪駅
サンダーバード45号
22:56発 金沢駅
23:06着 金沢駅
つるぎ734号
23:19着 新高岡駅
23:36発 新高岡駅
バス シャトル6
高岡駅着→帰宅

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道旅行ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です