因原駅

178駅目は因原駅です。

【駅データ】
因原(いんばら)駅
訪問日:2017年8月13日
所属路線:三江線
隣駅:鹿賀駅(江津方面)、石見川本駅(三次方面)
駅構造:地上駅、ホームは1面1線

島根県邑智郡川本町大字因原にあるJR西日本の駅。
駅は地上駅で1面1線のホームを持つ。昭和9年に三江線が江津側から石見川本駅まで延伸した際に開業した駅であり、当時建てられた木造の駅舎が線路東側に建つ。かつては相対式2面2線のホームを持つ交換可能駅だった。線路は撤去されているが、現在でも向かい側にホームが残っているほか、かつては貨物列車の発着もあったのか、国土地理院の「地図・空中写真閲覧サービス」で昭和51年撮影の航空写真を見ると、貨物用の線路や貨車が確認できる。駅事務所の跡は三江線運輸有限会社の因原営業所として使用されている。

駅前は民家が並び、高台には集合住宅も見られる。沿線の集落の中では規模が大きく、駅裏側(西側)は邑南町の中心地から伸びてきている国道261号線が通過しており、沿道にはスーパーやドラッグストア、道の駅などが立地している。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道旅行ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です