宮島口駅

43駅目は広島県から安芸の宮島への玄関口の宮島口駅です。

【駅データ】
宮島口(みやじまぐち)駅
訪問日:2010年9月10日
所属路線:山陽本線
隣駅:阿品駅(広島方面)、前空駅(岩国方面)

広島県廿日市市にある山陽本線の駅。
駅は地上駅で2面3線の構造となっており、駅舎は線路に対して東側(海側)に立地している。また、駅前から延びる通りの先にJR西日本宮島フェリーが運航する宮島との間を結ぶ連絡船が発着するJR宮島口桟橋が位置する。

駅前を国道2号線が通過しており、周辺は建物が密集している。駅前からまっすぐ延びる通りの先に宮島への連絡船の乗り場が建っており、通り沿いにはお土産屋なども点在する。また、宮島への連絡船の桟橋の手前には広島電鉄宮島線の広電宮島口駅が位置する。宮島への連絡船はJRのほかに宮島松大汽船も運航を行っている。

駅裏側は傾斜地が迫ってきており、住宅地が広がっている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です